とやま健康企業宣言金賞受賞 

 
 薄暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度弊社は「とやま健康企業宣言金賞(STEP2)」の認定を受けましたことを、この場を借りてご報告させていただきます。

(左から 塩井、協会けんぽ 松井支部長様、副社長 猪爪、会長 石灰、堀 )


◆とやま健康企業宣言とは(※健康企業宣言富山推進協議会HP
より抜粋)
 経営者が、企業全体で社員の健康づくりを戦略的に実行する健康経営に取り組むことを宣言することです。一定の取組みを行うと、健康経営優良企業として認定されます。従業員等の健康は重要な経営資源です。経営的視点から、従業員等と一緒に健康の維持や増進に取り組みましょう!


 上記の主旨に弊社経営者が賛同し、2018年10月に「とやま健康企業宣言」に参加致しました。そして2019年10月に「銀賞(STEP1)」の認定を受け、今回2022年3月に「金賞(STEP2)」の認定を受けることが出来ました。
 2022年3月16日現在で、県内でとやま健康企業宣言を行った企業は681社で、うち310社が銀の認定、38社が金の認定を受けております。
 弊社においては、まだまだ身の丈に合っていない賞を受賞させて頂いたと思っております。それでも宣言してから3年半、コツコツと取り組んだことが実り、大変うれしく思っております。

 

◆取り組み内容一覧
 私たちは恥ずかしながら今回の活動を始める前までは、従業員の健康というものにそこまで気を使っていた企業ではありません。そのため、2018年10月の取組開始時から、「どうしたら社員と、社員の家族の健康づくりをサポートできるか」を様々に考え、私たちは以下のように進めてきました。

 

・2018年10月2日 「とやま健康企業宣言」への参加表明

・2018年11月9日   健康企業プロジェクト発足(社内プロジェクトで健康経営を推進)

・2018年11月27日 金賞県内初認定企業様を訪問し、健康経営を学ぶ

・2019年2月14日   社外講師を招いた禁煙セミナー、健康セミナー実施(定期開催)

・2019年4月24日   人間ドック(対象年齢者)の会社負担決定

・2019年5月19日   ねがい道駅伝出場

・2019年10月27日 富山マラソン2019出場

・2019年11月8日   健康経営セミナーへの参加(高岡商工会議所主催)

・2019年11月13日 とやま健康企業宣言銀賞(STEP1)認定

・2019年11月18日 インフルエンザワクチン接種の会社負担決定

・2019年12月16日 「とやま経営シンポジウム2019」参加

・2020年1月27日  KNBラジオ とれたてワイド朝生「はじめよう進めよう、健康経営」出演
(後述致します ピックアップ①)

・2020年4月24日  全社員参加の献血実施スタート(以後毎年半年に1度実施)

・2020年5月7日~14日 禁煙週間実施、この一週間は喫煙所廃止

・2020年10月19日 社内健康ブログスタート
(後述致します ピックアップ②)

・2020年10月29日 AED設置

・2021年1月1日    産業医契約(以後、毎月の安全管理委員会に参加頂きアドバイスを頂いています)

・2021年2月22日  AED講習(全社員が射水消防署にて体験研修)

・2021年2月25日  ストレスチェック実施スタート

・2021年4月14日  被扶養者への健康診断無料サポート開始(協会けんぽ補助+会社負担)
(後述致します ピックアップ③)

・2021年6月8日    健康診断結果後、産業医面談開始

・2021年8月4日    こころの相談窓口の設置

・2022年3月9日    健康経営優良法人2022(中小規模)認定

・2022年3月18日  とやま健康企業宣言金賞(STEP2)認定

 

 

◆ピックアップ

①KNBラジオ とれたてワイド朝生「はじめよう進めよう、健康経営」出演
 健康経営を進めている会社として出演オファーを頂き、弊社猪爪が出演しました。ラジオ内では、健康経営を目指した経緯や、その狙いを話させて頂きました。

 

②社内健康ブログスタート
 社内全体の健康意識を上げるため、社員一人一人が持ち回りで「健康ブログ」を発信していく取組を開始しました。自分の体調のことや、どのような事に気を使っているかなど、社員思い思いの内容を発信しております。

 

③被扶養者への健康診断サポート開始(協会けんぽ補助+会社負担)
 弊社の社員を支える、「社員の家族」にも健康を維持してもらうべく、被扶養者が健康診断を無料で受けられるよう、協会けんぽ様と弊社にて全額負担する仕組みを作りました。
 家族あっての自分ですので、今後この内容の充実を更に検討していきます。

 

◆活動を振り返ってみて…

 取組開始より、約3年半の間ではありますが、振り返ってみると本当に色々と行ってきたなあと実感しております。また、これらを実行するには、福利厚生の充実が必要不可欠でした。「福利厚生の充実=経費の増加」となることは承知の上、健康経営を進める方針を打ち出してくれた経営陣には感謝しかありません。

 しかし、私たち社員は健康経営を進めるという会社の方針にただ満足していてはいけません。一人一人が健康意識を高く持ち、心身ともに健康な状態で業務にあたることで、
「弊社のお客様に満足していただける製品・サービスを、常に変わらぬレベルで提供し続けること」
が最も重要な事です。

 

 ひとまずのゴールと設定していた、「とやま健康企業宣言金賞受賞」ですが、これで満足することなく引き続き精進していきたいと思っております。
 どうぞ、今後ともアプト・シンコーを何卒宜しくお願い致します。

 

健康チーム  塩井 隆行、堀 梢