LUMBER
製材事業部

開業当初より続く主要事業

アプト・シンコーが、開業当初より続け、基盤を作った事業です。
建築用下地材として、最も優れていると思われるロシア産アカ松丸太を、当初の原木販売から現在の製材・製品販売に変わった今でも、プレカット事業と同等に、弊社の主要事業として今後も注力して行きたいと思っています。

製材事業部の強み

ロシア アカ松丸太専門・製材・再割

ロシア アカ松を丸太・原盤・製品を現地より直接輸入し、製品加工、特殊寸法に対応し、お客様のニーズに対応しています。
新規に加工機械を導入し、新商品「エアパス(通気胴縁)」「ニコット(面とり)」等を開発、よりお客様の多様なニーズの開発・対応をしております。

製材基本業務内容

ロシアより輸入した丸太を検量します。
丸太の直径を見て大きさや品質をチェック、不良品や、数量を確認し、植物検疫検査を受けます。
丸太を工場で加工、金属探知機で釘などが入ってないかを調べます。
両端を裁断、太鼓型にします。防カビ対策のため、カビ止め薬につけ、乾燥させます。

部署紹介

各部署の業務内容をご紹介します。

営業部

得意先(木材店・問屋)からの受注・納品・生産計画・製品の提案

生産部

営業の受注及び在庫状況を把握し生産計画・生産管理をする

管理部

営業のサポート、納品書・請求書の作成・発送その他総務・庶務全般

スタッフ紹介

営業部長 岩木 宏文

生産部長 佐野 浩生

管理部 辻 彩香