令和元年10月27(日)今年もとうとうこの日がやってまいりましたー!!!

第5回富山マラソン!

 

株式会社アプト・シンコーから、今年は5名の勇士が名乗りをあげました。

昨年完走した猪爪さんもその内の1名だったのですが、今年は腰痛に悩まされ、直前迄考えた結果・・・ 

今年は応援に徹することに決められました。

来年こそは参加する意気込みでおられるようです。

ということで、今年のアプトからの参加者は以下の4名となります。

 

営業部 立野 勇

営業部 飴谷 夏樹

設計部 岩瀧 卓

管理部から私、堀こずえです。

 

当日は雨の心配もありましたが、とりあえず朝の状態は曇りですこし肌寒さを感じる程度の

コンディションとなりました。ランナーとしては走りやすい条件が整ったように思います。

スタート時間となるAM9:00を迎えようとする頃です

ランナーの皆さんの体を、アドレナリンが駆け巡っております!

まだかまだかと肩や足を動かしながらついに・・・

 

AM9:00

号砲と同時にスタート~!!!

今年は14,778人のランナーが参加しております。

 

 

「がんばれ~!!ファイト~!!」

「がんばれ~!!飴あるから舐められ!!!」

 

飴が入ったトレーや箱を持った沿道の方を良く見かけました。

ランナーとしては感謝の気持ちしかありません。

沿道の応援にも押され、新湊大橋を越えるまでランナーはスイスイ足が出るのです。

道中、会社の人たちに出会うことが出来ました。

ボランティアには塩井さん、羽根さん、矢野さん、

沿道の応援には猪爪さん、横越さん、坂本さん、野手さんが駆け付けて来てくださいました。

 

皆さんとハイタッチをして元気をわけてもらうことができました。

 

 

 

 

28キロ地点七美のローソンを曲がってしばらくしてからゴロゴロとお天道様がいいだして・・・

 

え???・・・!?

 

急な大雨がランナーの体力をじわじわと奪い始めるのです、、、

28キロ~35キロ地点の直線の田んぼ道にさしかかり、汗と、雨でズクズクになったシューズを履いてひたすら足を前に進めます。

 

そんな土砂降りの中でも応援をしてくださる沿道の方々がたくさんおられました。くじけそうになった私の心を支えてくれました。

 

その後の38キロ、39キロ地点の北代登りの坂道もランナーには辛い関門となりました。

それを乗り越えて、40キロ地点に差し掛かり富山北大橋を渡ります。

 

「ゴールまでもうちょっこやから頑張られ~!!!」

「もう目の前まできとるよ~!!!」

 

沿道の声援ともう少しでゴールなのか・・・と思ったら感極まり泣きそうになりましたが、残りの力を振り絞り走りました。

 

そして、ついに・・・遂に・・・・・

42.195キロ

ゴール!!!やった~!! 

 

この為に半年以上前から週2回は10キロ以上走っていたこと、1か月前からお酒を断っていたこと、、、

フルマラソンに挑戦するにあたって準備していたことを思い返すと自然と涙がこみあげてきました。

 

今回初めてフルマラソンを走って、またひとつ経験が増えた事、改めて富山マラソンに携わった方々に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

来年は今年以上に万全の体勢で挑みたいという気持ちです!!

もしフルマラソン走ってみようかな・・・?

と思ったそこの 「 あ ・ な ・ た ・ !」

 

私が今回フルマラソンに挑戦して感じたことを5つ、この場をお借りして挙げさせて頂きます。

  1. 当日の朝は十分暖かい格好をして体を冷やさない事
  2. 雨の可能性がある場合は必ずカッパを持参する事
  3. トイレには十分余裕を持って済ませておく事(スタート地点に用意されているトイレは非常に混みます)
  4. 走っている最中のエイド(飲食スペース)にて計画的にエネルギーを摂取する事
  5. 最後までポジティブな事を考えて走ること

以上の事を守れば、十分フルマラソンを楽しむことができるかと思います(ू•ᴗ•ू❁)

完走した後には味わったことが無い達成感が訪れることでしょう!!

        管理部 堀 梢