社外研修に行ってきました!

 

この度、プレカット事業部では社員研修の一環として

「伊那食品工業株式会社」様(長野県)へ 「年輪経営」を学びに行ってきました。

DSC_0078

広大な敷地を入って・・・

 

ホールに案内されて

伊那食品工業さんの商品(寒天水)を頂きました。

 

さっそく講義のスタートです。

 

                                      『年輪経営』とは

       社員は家族、会社の宝物、社員を幸せにすることが経営の目的である。

       社員の幸せを追求してこそ経営である。利益は結果である。

       結果を生み出すのは社員である。社員は感情を持つ生き物である。

       したがって、モチベーション高くいい感情で働ける職場環境、会社環境を

       作ることがいい成果を最も効率よく生むことができる手段となる。

       前年から成長することを価値と考え、年輪のように地道に1歩1歩成長する

      「年輪経営」を各々の立場で進められると、会社も社会も明るくなる。

 

 

講義の中で、

・「良い会社」ではなく「いい会社」を作ろう

というお言葉がありました。

「いい会社」とは、経営上の数字が良いだけでなく、社員・仕入れ先・売り先

そして一般消費者や地域の方達から「あの会社は いい会社だね」と言ってくれる

ような会社です。

私達も地域貢献を通じて、笑顔が素敵ないい会社を作りたいですね。

 

・当たり前の事を当たり前にやろう

この言葉はとても心に響きました。

あいさつ一つにしても、自分はできているのだろうか?と考えさせられます。

まずは朝のあいさつ「おはようございます!!!」から全員ではじめましょう。

 

 

 

100年カレンダーがありました。

私たちの一生と命日がこの中にあります。

社会人として働く事ができるのは2万日程度だそうです。

でも自分の命日ってあんまり考えたくないですよね。

 

健康パビリオンの風景です。

ここでは、健康チェックや脳年齢・骨密度・血管年齢などが計測できます。

 

DSC_0087

最後に全員で記念撮影。

 

 

伊那食品工業様には3時間程の滞在でしたが、

途中お会いした社員の方々は笑顔で気持ち良く対応して下さいました。

本当にありがとうございました。

 

弊社はまだまだ足元にも及びませんが

一日も早く「いい会社」になれるよう挑戦し続けます!

 

 

 設計部  横越 泰典